土佐日記02/16

 十六日。今日の夜さつかた、京へ上るついでに見れば、山崎の小櫃の絵も、曲りの大餅の型も変はらざりけり。「売り人の心をぞ知らぬ」とぞいふなる。かくて京へ行くに、島坂にて人あるじしたり。かならずしもあるまじきわざなり。立ちてContinue reading… 土佐日記02/16

土佐日記02/15

 十五日。今日、車ゐて来たり。舟のむつかしさに、舟より人の家にうつる。この人の家、よろこべるやうにてあるじしたり。このあるじの、またあるじのよきをみるに、うたておもほゆ。いろいろにかへりごとす。家の人の出で入り、にくげなContinue reading… 土佐日記02/15

土佐日記02/13

 十三日。なほ山崎に。 ← 前章へ戻る  『土佐日記』  次章へ進む → 「現代日本語訳」 「文法解説」 [解題] ★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→Tweet

土佐日記02/12

 十二日。山崎にとまれり。 ← 前章へ戻る  『土佐日記』  次章へ進む → 「現代日本語訳」 「文法解説」 [解題] ★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→Tweet

土佐日記02/11

 十一日。雨いささかにふりてやみぬ。かくてさし上るに、東のかたに山の横ほれるを見て、人に問へば、「八幡の宮」といふ。これを聞きてよろこびて、人人拝みたてまつる。山崎の橋見ゆ。うれしきこと限りなし。ここに、相応寺のほとりにContinue reading… 土佐日記02/11

土佐日記02/10

 十日。さはることありて、上らず。 ← 前章へ戻る  『土佐日記』  次章へ進む → 「現代日本語訳」 「文法解説」 [解題] ★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→Tweet

土佐日記02/09

 九日。心もとなさに、明けぬから舟を曳きつつ上れども、川の水なければ、ゐざりにのみぞゐざる。このあひだに、和田の泊りの分れのところといふところあり、米、魚など乞へば、おこなひつ。  かくて、舟曳き上るに、渚の院といふとこContinue reading… 土佐日記02/09

土佐日記02/08

 八日。なほ川上りになづみて、鳥飼の御牧といふほとりに泊る。こよひ舟君、れいの病おこりて、いたくなやむ。ある人、あざらかなるものもて来たり。米してかへりごとす。男どもひそかにいふなり。「いひぼしてもつ釣る」とや。かうかうContinue reading… 土佐日記02/08

土佐日記02/07

 七日。今日、川尻に舟入り立ちて、漕ぎ上るに、川の水干て、なやみわづらふ。舟の上ることいとかたし。かかるあひだに、舟君の病者、もとよりこちごちしき人にて、かうやうのことさらに知らざりけり。かかれども、淡路たうめの歌にめでContinue reading… 土佐日記02/07

土佐日記02/06

 六日。澪標のもとより出でて、難波につきて、川尻に入る。みな人人、媼、翁、額に手をあててよろこぶこと二つなし。かの舟酔ひの淡路の島の大御、「都近くなりぬ」といふを喜びて、舟底よりかしらをもたげて、かくぞいへる。   いつContinue reading… 土佐日記02/06

土佐日記02/05

 五日。今日、からくして和泉の灘より小津の泊りをおふ。松原、目もはるばるなり。これかれ、くるしければよめる歌、   ゆけどなほゆきやられぬは妹がうむ小津の浦なる岸の松原   かくいひつつ来るほどに、「舟とく漕げ。日のよきContinue reading… 土佐日記02/05

土佐日記02/04

 四日。楫とり、「今日風雲の気色はなはだあし」と言ひて、舟出ださずなりぬ。しかれども、ひねもすに波風立たず。この楫とりは、日もえはからぬかたゐなりけり。この泊りの浜には、くさぐさのうるはしき貝、石など多かり。かかれば、たContinue reading… 土佐日記02/04

土佐日記02/03

 三日。海の上昨日のやうなれば、舟出ださず。風の吹くことやまねば、岸の波立ちかへる。これにつけて詠める歌、   麻をよりてかひなきものは落ちつもる涙の玉を貫かぬなりけり   かくて今日暮れぬ。 ← 前章へ戻る  『土佐日Continue reading… 土佐日記02/03

土佐日記02/01

 二月一日。朝のま、雨ふる。午時はかりにやみぬれば、和泉の灘といふところより出でて漕ぎゆく。海の上、昨日のごとくに、風波見えず。黒崎の松原を経てゆく。ところの名は黒く、松の色は青く、磯の波は雪のごとくに、貝のいろは蘇芳にContinue reading… 土佐日記02/01

土佐日記01/30

 卅日。雨風吹かず。海賊は夜あるきせざなりと聞きて、夜なかばかりに舟を出だして、阿波の水門をわたる。夜なかなれば、西東も見えず。男女からく神仏を祈りて、この水門をわたりぬ。寅卯の時ばかりに、沼島といふところを過ぎて、田奈Continue reading… 土佐日記01/30

土佐日記01/29

 廿九日。舟出だしてゆく。うらうらと照りて、漕ぎゆく。爪のいと長くなりにたるを見て、日をかぞふれば、今日は子の日なりければ、切らず。正月なれば、京の子の日のこと言ひ出でて、「小松もがな」といへど、海なかなれば、難しかし。Continue reading… 土佐日記01/29

土佐日記01/28

 廿八日。夜もすがら雨やまず。今朝も。 ← 前章へ戻る  『土佐日記』  次章へ進む → 「現代日本語訳」 「文法解説」 [解題] ★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→Tweet

土佐日記01/27

 廿七日。風吹き波荒ければ、舟出ださず。これかれ、かしこく嘆く。男たちの心なぐさめに、唐詩に「日を望めば都遠し」などいふなる言のさまを聞きて、ある女のよめる歌、   日をだにも天雲近く見るものを都へと思ふ道のはるけさ  Continue reading… 土佐日記01/27

土佐日記01/26

 廿六日。まことにやあらむ、海賊おふといへば、夜なかばかりより舟を出だして漕ぎ来る道に、手向けするところあり。楫とりして幣たいまつらするに、幣の東へ散れば、楫とりの申してたてまつることは、「この幣の散るかたに、御舟すみやContinue reading… 土佐日記01/26

土佐日記01/24

 廿四日。昨日の同じところなり。 ← 前章へ戻る  『土佐日記』  次章へ進む → 「現代日本語訳」 「文法解説」 [解題] ★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→Tweet

土佐日記01/22

 廿二日。夜んべの泊まりより、こと泊まりを追ひて行く。はるかに山見ゆ。年九つばかりなる男の童、年よりは幼くぞある。この童、舟を漕ぐまにまに山も行くと見ゆるを見て、あやしきこと、歌をぞ詠める。その歌、   漕ぎて行く舟にてContinue reading… 土佐日記01/22

土佐日記01/21

 廿一日。卯の時ばかりに、舟出だす。みな人々の舟出づ。これを見れば、春の海に秋の木の葉しも散れるやうにぞありける。おぼろげの願によりてにやあらむ、風も吹かず、よき日出で来て、漕ぎ行く。この間に、使はれむとてつきて来る童あContinue reading… 土佐日記01/21

土佐日記01/20

 廿日。昨日のやうなれば、舟出ださず。皆人人憂へなげく。苦しく心もとなければ、ただ日の経ぬる数を、今日幾日、廿日、卅日とかぞふれば、およびもそこなはれぬべし。いとわびし。夜はいも寝ず。廿日の夜の月出でにけり。山の端もなくContinue reading… 土佐日記01/20

土佐日記01/19

 十九日。日あしければ、舟出ださず。 ← 前章へ戻る  『土佐日記』  次章へ進む → 「現代日本語訳」 「文法解説」 [解題] ★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『土佐日記』の一節を紹介してみる→Tweet

土佐日記01/18

 十八日。なほおなじ所にあり。海あらければ、舟出ださず。この泊り、遠く見れども近く見れども、いとおもしろし。かかれども、苦しければ、何ごとも思ほえず。男どちは、心やりにやあらむ、唐詩などいふべし。舟も出さでいたづらなればContinue reading… 土佐日記01/18

土佐日記01/17

 十七日。くもれる雲なくなりて、あかつき月夜いとおもしろければ、舟を出だして漕ぎゆく。このひだに、雲の上も海の底も、おなじごとくになむありける。むべも昔の男は「棹は穿つ、波の上の月を。船はおそふ、海のうちの空を」とはいひContinue reading… 土佐日記01/17