百一001)あきのたの かりほのいほの とまをあらみ  わがころもでは つゆにぬれつつ

秋の田の かりほの庵の   苫をあらみ     わが衣手は 露に濡れつつ 天智天皇(てんぢてんわう) 男性(626-671) 『後撰集』秋中・三〇二 Late in fall, wet are my sleeves, AContinue reading… 百一001)あきのたの かりほのいほの とまをあらみ  わがころもでは つゆにぬれつつ

百一002)はるすぎて なつきにけらし しろたへの  ころもほすてふ あまのかぐやま

春過ぎて 夏来にけらし   白妙の     衣ほすてふ 天の香具山 持統天皇(ぢとうてんわう) 女性(645-702) 『新古今集』夏・一七五 Summer breaking in to push spring out:Continue reading… 百一002)はるすぎて なつきにけらし しろたへの  ころもほすてふ あまのかぐやま

百一003)あしひきの やまどりのをの しだりをの ながながしよを ひとりかもねむ

あしひきの 山鳥の尾の   しだり尾の     ながながし夜を ひとりかも寝む 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ) 男性(c.660-c.720) 『拾遺集』恋三・七七八 Long, long tails of birdContinue reading… 百一003)あしひきの やまどりのをの しだりをの ながながしよを ひとりかもねむ

百一004)たごのうらに うちいでてみれば しろたへの ふじのたかねに ゆきはふりつつ

田子の裏に うちいでて見れば   白妙の     富士の高嶺に 雪は降りつつ 山部赤人(やまべのあかひと) 男性(c.660-c.733) 『新古今集』冬・六七五 Coming out of the corridor oContinue reading… 百一004)たごのうらに うちいでてみれば しろたへの ふじのたかねに ゆきはふりつつ

百一006)かささぎの わたせるはしに おくしもの しろきをみれば よぞふけにける

かささぎの 渡せる橋に   置く霜の     白きを見れば 夜ぞふけにける 大伴家持(おほとものやかもち) aka.中納言家持(ちゅうなごんやかもち) 男性(c.718-785) 『新古今集』冬・六二〇 High up Continue reading… 百一006)かささぎの わたせるはしに おくしもの しろきをみれば よぞふけにける

百一007)あまのはら ふりさけみれば かすがなる みかさのやまに いでしつきかも

天の原 ふりさけ見れば   春日なる     三笠の山に いでし月かも 阿倍仲麻呂(あべのなかまろ) aka.安倍仲麿 男性(698-770) 『古今集』羈旅・四〇六 Among friends I made with Continue reading… 百一007)あまのはら ふりさけみれば かすがなる みかさのやまに いでしつきかも

百一008)わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ よをうぢやまと ひとはいふなり

わが庵は 都の辰巳   しかぞすむ     世をうぢ山と 人はいふなり 喜撰法師(きせんほふし) 男性(平安前期) 『古今集』雑下・九八三 Here I live, dear old friends, near deerContinue reading… 百一008)わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ よをうぢやまと ひとはいふなり

百一009)はなのいろは うつりにけりな いたづらに わがみよにふる ながめせしまに

花の色は 移りにけりな   いたづらに     わが身世にふる ながめせしまに 小野小町(をののこまち) 女性(c.825-c.900) 『古今集』春下・一一三 Did flowers fade in vain amidContinue reading… 百一009)はなのいろは うつりにけりな いたづらに わがみよにふる ながめせしまに

百一010)これやこの ゆくもかへるも わかれては しるもしらぬも あふさかのせき

これやこの 行くも帰るも   別れては     知るも知らぬも 逢坂の関 蝉丸(せみまる) 男性(平安初期) 『後撰集』雑一・一〇八九 Whoever comes in and out, Friends and straContinue reading… 百一010)これやこの ゆくもかへるも わかれては しるもしらぬも あふさかのせき

百一011)わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと ひとにはつげよ あまのつりぶね

わたの原 八十島かけて   漕ぎ出でぬと     人には告げよ 海人の釣り舟 小野篁(をののたかむら) aka.参議篁(さんぎたかむら) 男性(802-853) 『古今集』羈旅・四〇七 For myriads of isContinue reading… 百一011)わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと ひとにはつげよ あまのつりぶね

百一012)あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ をとめのすがた しばしとどめむ

天つ風 雲の通ひ路   吹きとぢよ     をとめの姿 しばしとどめむ 良岑宗貞(よしみねのむねさだ) aka.僧正遍昭(そうじゃうへんぜう) 男性(816-890) 『古今集』雑上・八七二 May the wind uContinue reading… 百一012)あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ をとめのすがた しばしとどめむ

百一013)つくばねの みねよりおつる みなのがは こひぞつもりて ふちとなりぬる

筑波嶺の 峰より落つる   みなの河     恋ぞ積もりて 淵となりぬる 陽成天皇(やうぜいてんわう) aka.陽成院(やうぜいゐん) 男性(869-949) 『古今集』恋三・七七六 Tsukuba’s riContinue reading… 百一013)つくばねの みねよりおつる みなのがは こひぞつもりて ふちとなりぬる

百一014)みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに みだれそめにし われならなくに

陸奥の しのぶもぢずり   誰ゆゑに     乱れそめにし 我ならなくに 源融(みなもとのとほる) aka.河原左大臣(かはらのさだいじん) 男性(822-895) 『古今集』恋四・七二四 At Shinobu, MicContinue reading… 百一014)みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに みだれそめにし われならなくに

百一015)きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ

君がため 春の野にいでて   若菜摘む     わが衣手に 雪は降りつつ 光孝天皇(くゎうかうてんわう) 男性(830-887) 『古今集』春上・二一 Out in the field I pick up spring Continue reading… 百一015)きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ

百一016)たちわかれ いなばのやまの みねにおふる まつとしきかば いまかへりこむ

立ち別れ いなばの山の   峰に生ふる     まつとし聞かば 今帰り来む 在原行平(ありはらのゆきひら) aka.中納言行平(ちゅうなごんゆきひら) 男性(818-893) 『古今集』離別・三六五 I bid fareContinue reading… 百一016)たちわかれ いなばのやまの みねにおふる まつとしきかば いまかへりこむ

百一017)ちはやぶる かみよもきかず たつたがは からくれなゐに みづくくるとは

ちはやぶる 神代も聞かず   竜田川     韓紅に 水くくるとは 在原業平(ありはらのなりひら) aka.在原業平朝臣(ありはらのなりひらあそん) 男性(825-880) 『古今集』秋下・二九四 Way back whContinue reading… 百一017)ちはやぶる かみよもきかず たつたがは からくれなゐに みづくくるとは

百一018)すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ

住江の 岸による波   よるさへや     夢の通ひ路 人目よくらむ 藤原敏行(ふぢはらのとしゆき) aka.藤原敏行朝臣(ふぢはらのとしゆきあそん) 男性(?-901or907) 『古今集』恋二・五五九 Shoal oContinue reading… 百一018)すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ

百一019)なにはがた みじかきあしの ふしのまも あはでこのよを すぐしてよとや

難波潟 みじかき葦の   ふしの間も     逢はでこの世を 過ぐしてよとや 伊勢(いせ) 女性(872-938) 『新古今集』恋一・一〇四九 On the shore of wetland in Naniwa thriContinue reading… 百一019)なにはがた みじかきあしの ふしのまも あはでこのよを すぐしてよとや

百一020)わびぬれば いまはたおなじ なにはなる みをつくしても あはむとぞおもふ

わびぬれば 今はた同じ   難波なる     みをつくしても 逢はむとぞ思ふ 元良親王(もとよししんわう) 男性(890-943) 『後撰集』恋五・九六〇 Downhearted as deep as watermarkContinue reading… 百一020)わびぬれば いまはたおなじ なにはなる みをつくしても あはむとぞおもふ

百一021)いまこむと いひしばかりに ながつきの ありあけのつき をまちいでつるかな

いま来むと いひしばかりに   長月の     有り明けの月を 待ちいでつるかな 素性法師(そせいほふし) 男性(?-c.910) 『古今集』恋四・六九一 “I won’t take long,&Continue reading… 百一021)いまこむと いひしばかりに ながつきの ありあけのつき をまちいでつるかな

百一022)ふくからに あきのくさきの しをるれば むべやまかぜを あらしといふらむ

吹くからに 秋の草木の   しをるれば     むべ山風を 嵐といふらむ 文屋康秀(ふんやのやすひで) 男性(?-c.885) 『古今集』秋下・二四九 Gales of wind make pale autumnal gContinue reading… 百一022)ふくからに あきのくさきの しをるれば むべやまかぜを あらしといふらむ

百一023)つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど

月見れば ちぢに物こそ   悲しけれ     わが身ひとつの 秋にはあらねど 大江千里(おほえのちさと) 男性(官歴あり=883-903) 『古今集』秋上・一九三 The sight of the moon sets mContinue reading… 百一023)つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど

百一024)このたびは ぬさもとりあへず たむけやま もみぢのにしき かみのまにまに

このたびは 幣もとりあへず   たむけ山     紅葉の錦 神のまにまに 菅原道真(すがはらのみちざね) aka.菅家(かんけ) 男性(845-903) 『古今集』羈旅・四二〇 This time we traveledContinue reading… 百一024)このたびは ぬさもとりあへず たむけやま もみぢのにしき かみのまにまに

百一025)なにしおはば あふさかやまの さねかづら ひとにしられで くるよしもがな

名にしおはば 逢坂山の   さねかづら     人に知られで くるよしもがな 藤原定方(ふぢはらのさだかた) aka.三条右大臣(さんじょうのうだいじん) 男性(873-932) 『後撰集』恋三・七〇〇 If you, Continue reading… 百一025)なにしおはば あふさかやまの さねかづら ひとにしられで くるよしもがな

百一026)をぐらやま みねのもみぢば こころあらば いまひとたびの みゆきまたなむ

小倉山 峰のもみぢ葉   心あらば     今ひとたびの 行幸待たなむ 藤原忠平(ふぢはらのただひら) aka.貞信公(ていしんこう) 男性(880-949) 『拾遺集』雑秋・一一二八 Leaves, have gracContinue reading… 百一026)をぐらやま みねのもみぢば こころあらば いまひとたびの みゆきまたなむ

百一027)みかのはら わきてながるる いづみがは いつみきとてか こひしかるらむ

みかの原 わきて流るる   いづみ川     いつみきとてか 恋しかるらむ 藤原兼輔(ふぢはらのかねすけ) aka.中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ) 男性(877-933) 『新古今集』恋一・九九六 Dividing Continue reading… 百一027)みかのはら わきてながるる いづみがは いつみきとてか こひしかるらむ

百一028)やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおもへば

山里は 冬ぞさびしさ   まさりける     人目も草も かれぬと思へば 源宗于(みなもとのむねゆき) aka.源宗于朝臣(みなもとのむねゆきあそん) 男性(?-940) 『古今集』冬・三一五 Among all seaContinue reading… 百一028)やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおもへば

百一029)こころあてに をらばやをらむ はつしもの おきまどはせる しらぎくのはな

心あてに 折らばや折らむ   初霜の     置きまどはせる 白菊の花 凡河内躬恒(おほしかふちのみつね) 男性(c.859-c.925) 『古今集』秋下・二七七 White as frost first down onContinue reading… 百一029)こころあてに をらばやをらむ はつしもの おきまどはせる しらぎくのはな

百一030)ありあけの つれなくみえし わかれより あかつきばかり うきものはなし

有明の つれなく見えし   別れより     暁ばかり 憂きものはなし 壬生忠岑(みぶのただみね) 男性(c.860-c.920) 『古今集』恋三・六二五 Moon in the morn as vacant as myContinue reading… 百一030)ありあけの つれなくみえし わかれより あかつきばかり うきものはなし