百一002文法)春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山

春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山

品詞分解
はる【春】<名>
すぎ【過ぎ】<自ガ上二>連用形
て【て】<接助>
なつ【夏】<名>
き【来】<自カ変>連用形
に【に】<助動_完了>連用形
けらし【けらし】<助動_過去推量>終止形
しろたへ【白妙】<名>
の【の】<格助>
ころも【衣】<名>
ほす【干す】<自サ四>終止形
てふ(と【と】<格助>+いふ【言ふ】<自ハ四>連体形)
あまのかぐやま【天の香具山】<名>

修辞法
枕詞

しろたへの【白栲の・白妙の】・・・(1)(衣の類推から)「衣」「」「」「袖」「領巾」にかかる(2)(白い色から)「雪」「雲」「月」「波」「砂」「富士」にかかる

歌枕

天の香具山(大和の国)

一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========