百一004文法)田子の裏にうちいでて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ

田子の裏にうちいでて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ

品詞分解
たごのうら【田子の浦】<名>
に【に】<格助>
うちいで【打ち出で】<自ダ下二>連用形
て【て】<接助>
みれ【見れ】<他マ上一>已然形
ば【ば】<接助>
しろたへ【白妙】<名>
の【の】<格助>
ふじ【富士】<名>
の【の】<格助>
たかね【高嶺】<名>
に【に】<格助>
ゆき【雪】<名>
は【は】<係助>
ふり【降り】<自ラ四>連用形
つつ【つつ】<接助>

修辞法
枕詞

しろたへの【白栲の・白妙の】・・・(1)(衣の類推から)「衣」「」「」「袖」「領巾」にかかる(2)(白い色から)「雪」「雲」「月」「波」「砂」「富士」にかかる

歌枕

田子の浦駿河の国)

一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========