百一023文法)月見ればちぢに物こそ悲しけれわが身ひとつの秋にはあらねど

月見ればちぢに物こそ悲しけれわが身ひとつの秋にはあらねど

品詞分解
つき【月】<名>
みれ【見れ】<他マ上一>已然形
ば【ば】<接助>
ちぢに【千千】<形動ナリ>連用形
もの【物】<名>
こそ【こそ】<係助>
かなしけれ【悲しけれ】<形シク>已然形・・・「こそ」との係り結び
わ【我】<代名>
が【が】<格助>
み【身】<名>
ひとつ【一つ】<名>
の【の】<格助>
あき【秋】<名>
に【に】<助動_断定>連用形
は【は】<係助>
あら【あら】<自ラ変>未然形
ね【ね】<助動_打消>已然形
ど【ど】<接助>

修辞法
本説取り

「燕子楼中、霜月夜秋来只為一人長。」『白氏文集』(白楽天)を踏まえる。
燕子楼の中に霜がおりる月夜、秋はこの私ただ一人のために来、そして長い)
・・・「本説取り」とは、著名な古典的文芸作品の一節や名場面を踏まえた上で、その世界観を自歌の背景へと折り重ならせて複層的な味わいを醸し出そうとするもの。平安末~鎌倉初期に「本歌取り」と並んで作歌技巧の一つとして藤原俊成とその息子藤原定家らによって提唱された技法であり、平安初期の『古今和歌集』の頃にはその名すらもなかったが、漢詩文が和歌を圧倒していた当時の文芸状況の中で、多くの歌人は中国の古典を踏まえて和歌をんだ。

一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========