百一026文法)小倉山峰のもみぢ葉心あらば今ひとたびの行幸待たなむ

小倉山峰のもみぢ葉心あらば今ひとたびの行幸待たなむ

品詞分解
をぐらやま【小倉山】<名>
みね【峰】<名>
の【の】<格助>
もみぢば【紅葉葉】<名>
こころ【心】<名>
あら【あら】<自ラ変>未然形
ば【ば】<接助>
いま【今】<副>
ひとたび【一度】<名>
の【の】<格助>
みゆき【行幸】<名>
また【待た】<他タ四>未然形
なむ【なむ】<終助>

修辞法
歌枕

小倉山山城の国)

一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========