百一031文法)朝ぼらけ有り明けの月と見るまでに吉野の里に降れる白雪

朝ぼらけ有り明けの月と見るまでに吉野の里に降れる白雪

品詞分解
あさぼらけ【朝朗け】<名>
ありあけ【有明】<名>
の【の】<格助>
つき【月】<名>
と【と】<格助>
みる【見る】<他マ上一>連体形
まで【迄】<副助>
に【に】<格助>
よしの【吉野】<名>
の【の】<格助>
さと【里】<名>
に【に】<格助>
ふれ【降れ】<自ラ四>已然形
る【る】<助動_完了>連体形
しらゆき【白雪】<名>

修辞法
歌枕

吉野の里大和の国)

一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========