百一049文法)御垣守衛士のたく火の夜は燃え昼は消えつつ物をこそ思へ

御垣守衛士のたく火の夜は燃え昼は消えつつ物をこそ思へ

品詞分解
みかきもり【御垣守】<名>
ゑじ【衛士】<名>
の【の】<格助>
たく【焚く】<他カ四>連体形
ひ【火】<名>
の【の】<格助>
よる【夜】<名>
は【は】<係助>
もえ【燃え】<自ヤ下二>連用形
ひる【昼】<名>
は【は】<係助>
きえ【消え】<自ヤ下二>連用形
つつ【つつ】<接助>
もの【物】<名>
を【を】<格助>
こそ【こそ】<係助>
おもへ【思へ】<他ハ四>已然形・・・「こそ」との係り結び

修辞法
序詞

「みかきもりゑじのたくひの」は「よるはもえひるはきえつつ」を導く

一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========