百一054文法)忘れじの行く末まではかたければ今日を限りの命ともがな

忘れじの行く末まではかたければ今日を限りの命ともがな

品詞分解
わすれ【忘れ】<他ラ下二>未然形
じ【じ】<助動_打消>終止形
の【の】<格助>
ゆくすゑ【行く末】<名>
まで【迄】<副助>
は【は】<係助>
かたけれ【難けれ】<形ク>已然形
ば【ば】<接助>
けふ【今日】<名>
を【を】<格助>
かぎり【限り】<名>
の【の】<格助>
いのち【命】<名>
と【と】<格助>
もがな【もがな】<終助>
一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========