百一056文法)あらざらむこの世のほかの思ひ出にいまひとたびの逢ふこともがな

あらざらむこの世のほかの思ひ出にいまひとたびの逢ふこともがな

品詞分解
あら【在ら】<自ラ変>未然形
ざら【ざら】<助動_打消>未然形
む【む】<助動_推量>連体形
こ【此】<代名>
の【の】<格助>
よ【世】<名>
の【の】<格助>
ほか【外】<名>
の【の】<格助>
おもひで【思ひ出】<名>
に【に】<格助>
いま【今】<副>
ひとたび【一度】<名>
の【の】<格助>
あふ【逢ふ】<他ハ四>連体形
こと【事】<名>
もがな【もがな】<終助>
一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========