百一061文法)いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな

いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな

品詞分解
いにしへ【古】<名>
の【の】<格助>
なら【奈良】<名>
の【の】<格助>
みやこ【都】<名>
の【の】<格助>
やへざくら【八重桜】<名>
 けふ【】<名>・・・「今日」
 きゃう【】<名>・・・「京」
ここのへ【九重】<名>
に【に】<格助>
にほひ【匂ひ】<自ハ四>連用形
ぬる【ぬる】<助動_完了>連体形
かな【かな】<終助>

修辞法
掛詞

<けふ・きゃう>
1)「けふ=今日」
2)「きゃう=京」

一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========