百一064文法)朝ぼらけ宇治の川霧たえだえにあらはれわたる瀬々の網代木

朝ぼらけ宇治の川霧たえだえにあらはれわたる瀬々の網代木

品詞分解
あさぼらけ【朝朗け】<名>
うぢ【宇治】<名>
の【の】<格助>
かはぎり【川霧】<名>
たえだえに【絶え絶えに】<形動ナリ>連用形
あらはれ【現はれ】<自ラ下二>連用形
わたる【渡る】<自ラ四>連体形
せぜ【瀬瀬】<名>
の【の】<格助>
あじろぎ【網代木】<名>
一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========