百一073文法)高砂の尾の上の桜咲きにけり外山の霞たたずもあらなむ

高砂の尾の上の桜咲きにけり外山の霞たたずもあらなむ

品詞分解
たかさご【高砂】<名>
の【の】<格助>
をのへ【尾上】<名>
の【の】<格助>
さくら【桜】<名>
さき【咲き】<自カ四>連用形
に【に】<助動_完了>連用形
けり【けり】<助動_詠嘆>終止形
とやま【外山】<名>
の【の】<格助>
かすみ【霞】<名>
たた【立た】<自タ四>未然形
ず【ず】<助動_打消>連用形
も【も】<係助>
あら【あら】<自ラ変>未然形
なむ【なむ】<終助>
一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========