百一078文法)淡路島通ふ千鳥の鳴く声に幾夜寝覚めぬ須磨の関守

淡路島通ふ千鳥の鳴く声に幾夜寝覚めぬ須磨の関守

品詞分解
あはぢしま【淡路島】<名>
かよふ【通ふ】<自ハ四>連体形
ちどり【千鳥】<名>
の【の】<格助>
なく【鳴く】<自カ四>連体形
こゑ【声】<名>
に【に】<格助>
いくよ【幾夜】<名>
ねざめ【寝覚め】<自マ下二>連用形
ぬ【ぬ】<助動_完了>終止形・・・本来は疑問詞「幾夜」との係り結びで連体形「ぬる」となるべきところ、整調で「ぬ」としている
すま【須磨】<名>
の【の】<格助>
せきもり【関守】<名>

修辞法
本説取り

千鳥もろ声に鳴くはひとり寝覚めもたのもし」『源氏物語』「須磨」を踏まえる。
(謹慎の身で流れたこの須磨の侘び住まいで独り寝をつ今の私には、明け方に鳴く千鳥の声がまるで友達のように聞こえて、心められる気持ちになるものだよ)

掛詞

<あはぢ・あはじ>
1)「あはぢ(淡路)」
2)「あはじ(逢はじ)」

歌枕

淡路島淡路の国)
須磨摂津の国)

一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========