百一079文法)秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ

秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ

品詞分解
あきかぜ【秋風】<名>
に【に】<格助>
たなびく【棚引く】<自カ四>連体形
くも【雲】<名>
の【の】<格助>
たえま【絶え間】<名>
より【より】<格助>
もれ【漏れ】<自ラ下二>連用形
いづる【出づる】<自ダ下二>連体形
つき【月】<名>
の【の】<格助>
かげ【影】<名>
の【の】<格助>
さやけ【清け】<形ク>語幹+さ【さ】<接尾>
一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========