百一099文法)人もをし人もうらめしあぢきなく世を思ふゆゑに物思ふ身は

人もをし人もうらめしあぢきなく世を思ふゆゑに物思ふ身は

品詞分解
ひと【人】<名>
も【も】<係助>
をし【惜し】<形シク>終止形
ひと【人】<名>
も【も】<係助>
うらめし【怨めし】<形シク>終止形
あぢきなく【あぢきなく】<形ク>連用形
よ【世】<名>
を【を】<格助>
おもふ【思ふ】<他ハ四>連体形
ゆゑ【故】<名>
に【に】<格助>
もの【物】<名>
おもふ【思ふ】<他ハ四>連体形
み【身】<名>
は【は】<係助>
一首 前へ←  『小倉百人一首』(文法・修辞法)  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
■この解説を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で受け売りしてみる→

==========