方丈記002)営々の家・瞬壊の灰(安元三年の大火:1177年4月28日)

 、ものの心を知れりしより、四十余りの春秋を送れる間に、世の不思議を見ること、やや度々になりぬ。
 んじ安元三年四月二十八日かとよ、風激しく吹きて、静かならざりし夜、の時ばかり、都の辰巳より火できて、戌亥に至る。はてには、朱雀門大極殿大学寮民部省などまで移りて、一夜のうちに塵灰となりにき。
 火元は、樋口富の小路とかや。舞人宿せる仮屋よりできたりけるとなむ。吹き迷ふ風に、とかく移りゆくほどに、を広げたるがごとく末広になりぬ。遠き家はにむせび、近きあたりはひたすら炎を地に吹きつけたり。空には、灰を吹き立てたれば、火の光に映じて、あまねくなる中に、風にへず、吹き切られたる炎、飛ぶがごとくして一二町を越えつつ移りゆく。その中の人、し心あらむや。にむせびて、倒れ伏し、は炎にまぐれて、たちまちに死ぬ。は身ひとつからうじてるるも、資材を取りづるに及ばず。七珍万宝さながら灰燼となりにき。そのえ、いくそばくぞ。そのたび、公卿の家十六焼けたり。まして、そのほか、数へ知るに及ばず。すべて都のうち、三分が一に及べりとぞ。男女死ぬるもの数十人、馬・牛のたぐひ、辺際を知らず。
 人の営み、みな愚かなるなかに、さしもふき京中の家を作るとて、宝をやし、心を悩ますことは、すぐれてあぢきなくぞはべる。

==========

以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

 私は、物心付いてからこれまでに四十年ほどの歳月を送って来たが、その間にも、理解し難い世の中の有様を目撃する場面がいよいよ度重なって、いま思い出してもかなりの数にのぼる。
 今は昔、確か安元三(1177)年四月二十八日のことかと記憶しているが、風がひどく吹き荒れてざわざわと落ち着かぬ夜のこと、午後の八時頃に京都の東南の方角で火事が起こり、火は延焼して北西にまで達した。
しまいには朱雀門・大極殿・大学寮・民部省のあたりまで火は移り、どれもみな一夜にして焼け落ちて灰になってしまった。
 火元は樋口富の小路だったと聞いている。
舞いを踊る芸人衆が宿泊した粗末な仮小屋から出火した、とかいう話である。
びゅうびゅう吹き荒れる風に乗ってあちらこちらへ飛び火するうちに、まるで扇を広げたかのように末広がりに延焼してしまった。
火元から遠く離れた家々でさえ流れ来る煙に包まれてまともに息もできぬ有様、ましてや火元近辺では燃え盛る炎がただもう轟々と真上から押しつぶすように地面へと吹きおろしてくる。
空を見れば、焼け落ちた建物の灰が風に吹き上げられて虚空を舞い、燃える火の明かりに照らされてあたり一面真っ赤な中、強風に耐えきれずに吹きちぎられた炎が、百メートルも二百メートルもの距離を飛ぶがごとくに町の上空をまたぎながら延焼してゆく。
そのまっただ中にいた人々は、とても正気ではいられなかったろう。
ある者は煙に包まれて息もできずに地面に倒れ、ある者は炎に目がくらんで即死した。
ある者は我が身一つで命からがら火を逃れたものの、焼け落ちる家から財産を持ち出すことは出来ずじまい。
あれやこれやの宝物が、みな残らず灰燼に帰してしまった。
その損失たるや、一体どれくらいの額になるだろう。
あの火事では、朝廷の高官の広大な家屋敷も十六軒焼失した。
ましてや、その他諸々の人々の小さな家々など、いくつ失われたか数え切れない。
焼失面積は、京都全体の三分の一にも及んだとの話である。
人間の男女で死んだ者の数は数十人(!訳者注! 記録的大火の死者数として、この数はどう見ても少なすぎる。同時期の別資料に「朝廷の高い地位にある男女にも十四人の死者が出た」という記述があるので、恐らくはそのあたりとの紛れによるものと推測される)、動物に至ってはどれだけ焼け死んだものか数え切れない。
 人間のやることなすこと、みな全て愚かではあるが、中でも特に、こんなにも危険な京都の町中に家を建てるために、金銀財宝を費やしてはあれこれ気をもんだりするなんて、つまらぬ営みの最たるものである。

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『方丈記』の章を紹介してみる→