方丈記003)狂濤の風・騒乱の影(治承四年の辻風:1180年4月)

 また、治承四年卯月のころ、中御門京極のほどより、大きなる辻風起こりて、六条わたりまで吹けることはべりき。
 三四町を吹きまくる間にれる家ども、大きなるも小さきも、ひとつとして破れざるはなし。さながらに倒れたるもあり、・柱ばかり残れるもあり。を吹きはなちて、四五町がほかに置き、また、垣を吹きはらひて、隣とひとつになせり。いはんや、家のうちの資財、数をつくして空にあり。檜皮葺板のたぐひ、冬の木の葉の風に乱るるがし。のごとく吹き立てれば、すべて目も見えず、おびたたしく鳴りとよむほどに、もの言ふ声も聞こえず。かの地獄のの風なりとも、かばかりにこそはとぞ覚ゆる。家の損亡せるのみに非ず、これを取りふ間に、身をそこなひ、かたはづける人、数も知らず。この風、の方に移り行きて、多くの人のきをなせり。
 辻風はつねに吹くものなれど、かかることやある。ただことに非ずるべきもののさとしかなどぞ、疑ひりし。

==========

以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

 また、治承四(1180)年の四月頃、中御門京極のあたりから巨大なつむじ風が発生して、六条近辺まで吹き抜けたことがあった。
 三百~四百メートルを旋風が荒れ狂う間、人々はおびえて家の中に籠もっていたけれど、規模の大小を問わず、壊れずにすんだ家は一軒もなかった。
家じゅう丸ごとぺしゃんこに倒壊したものもあれば、他はみな壊れて柱と横木だけが残った家もある。
家の門が風に吹き飛ばされて四~五百メートルほども離れた場所に落ちていた例もあれば、垣根が吹っ飛んで境界線がなくなり隣家どうしが一つの家みたいになってしまったものもある。
人々が家々の中に大事にしまいこんであった財産も、風に吹き上げられて数限りなく上空を舞っていたことは言うまでもない。
贅を尽くして家々を彩った立派な建材・屋根材の類も、まるで冬の木の葉が風に蹴散らされるがごとく、虚しく空を舞うばかり。
ちりやほこりが風に吹き立てられてまるで煙のようだったので、目の前はまるで見えず、つむじ風の吹き荒れる音があまりに凄まじいために、何を言っても全く聞こえない。
この世の悪業の報いで地獄に堕ちた者どもを懲らしめるために吹くとかいう業風といえども、これほどまでひどく吹き荒れることはあるまいに、と感じたものだった。
失われたのは家々のみではない。修繕を試みる間に死傷したり大怪我をして五体満足でなくなったりした人も数知れない。
この風は、南南西の方角へと移動して、多数の人々を悲嘆に追いやった。
 つむじ風が吹くのは毎度のことながら、これほどひどい吹き荒れ方があるだろうか?
これはただごとではない。
悪しき宿業の積み重なった末に訪れる必然の運命が、すぐそこに迫っていることを人々に知らせる神仏のお告げ、もっと恐ろしい何事かが起きる前兆ではないのか、と疑問に思ったものだった。

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『方丈記』の章を紹介してみる→