百一007)あまのはら ふりさけみれば かすがなる みかさのやまに いでしつきかも


天の原 ふりさけ見れば
  春日なる
    三笠の山に いでし月かも

阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)
aka.安倍仲麿
男性(698-770)
『古今集』羈旅・四〇六

Among friends I made with people on this land
Coming out on shore to see me off back home
I look up at the sky to find the same old moon
I saw on Mt. Mikasa shining as bright as ever.

あぁ帰りたい、懐かしい・・・
遙かなる故郷に思いを馳せて、夜空の彼方を眺めれば、
大和の国の三笠山の端に懸かっていたあの月が、
遠い異国のこの空にも、
変わらず浮かんでいるのだよなあ。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→