百一013)つくばねの みねよりおつる みなのがは こひぞつもりて ふちとなりぬる


筑波嶺の 峰より落つる
  みなの河
    恋ぞ積もりて 淵となりぬる

陽成天皇(やうぜいてんわう)
aka.陽成院(やうぜいゐん)
男性(869-949)
『古今集』恋三・七七六

Tsukuba’s ridge gives birth to the Mina River,
Watery offspring pooling down there long and deep.
Likewise, your sight, my sighs and yearning cries
Got me stuck deep inside mortally bound by love.

遙か彼方の筑波の地、そこは、
五穀豊穣を祈りつつ、男女が戯れ、
愛を交わし合うことの許される
「歌垣」の地であるという・・・
その嶺から流れ出る川の名前も「男女ノ川」、
幾多の男女の恋情が注ぎ込んで、
深く濃い流れとなっているように、
私の心もまた、あなたへの思いの淵にすっかり沈み込み、
身動きもできなくなってしまいました。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→