百一014)みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに みだれそめにし われならなくに


陸奥の しのぶもぢずり
  誰ゆゑに
    乱れそめにし 我ならなくに

源融(みなもとのとほる)
aka.河原左大臣(かはらのさだいじん)
男性(822-895)
『古今集』恋四・七二四

At Shinobu, Michinoku clothes are dyed so randomly,
Only God knows what patterns come out and how.
Who, then, put me off my usual balance of emotion?
It’s you I hold so dear, I’m dying to be dyed in your colors.

東北の信夫地方の忍ぶ草、
その染め柄の乱れ模様にも似て、
ひどく乱れ始めてしまった私の恋模様
・・・これはいったい誰のせい?
・・・私のせいではないというのに・・・
愛しい気持ちを掻き乱す、
あなたはほんとに、憎い人。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→