百一016)たちわかれ いなばのやまの みねにおふる まつとしきかば いまかへりこむ


立ち別れ いなばの山の
  峰に生ふる
    まつとし聞かば 今帰り来む

在原行平(ありはらのゆきひら)
aka.中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)
男性(818-893)
『古今集』離別・三六五

I bid farewell to you to depart for Mount Inaba,
Like mountains of pinewoods if you pine to see me then,
It won’t be long before I come back again.

あなたと別れて遠い因幡の国へと旅立つ自分ですが
・・・往く先の稲葉山の峰にも
「松」の樹が生い茂っていることでしょうねえ
・・・でも、あなたが私を「待つ」と、
風の噂にでも聞いたなら、
すぐにも帰って来ますよ。
えぇ、そうそういつまでも
別れ別れでいるものですか・・・。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→