百一038)わすらるる みをばおもはず ちかひてし ひとのいのちの をしくもあるかな


忘らるる 身をば思はず
  誓ひてし
    人の命の 惜しくもあるかな

右近(うこん)
女性(歌合せ参加記録あり=960-966)
『拾遺集』恋四・八七〇

How was I to know I’d be deserted like this
When we two swore before God we’d never be apart?
What should I care now but the dear life of yours
That would soon be gone by divine punishment?

忘れ去られる日が来ようとは、
思いもしないで誓った永遠の愛・・・
私はあなたを忘れはしないけど、
あなたは私を忘れてしまった・・・
そんなあなたの身の上が心配です
(忘れ去られる我が身の辛さよりも)
・・・だって、神さまの前で立てた誓いを、
破った罰は、重いのよ・・・。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→