百一045)あはれとも いふべきひとは おもほえで みのいたづらに なりぬべきかな


あはれとも 言ふべき人は
  思ほえで
    身のいたづらに なりぬべきかな

藤原伊尹(ふぢはらのこれただ/これまさ)
aka.謙徳公(けんとくこう)
男性(924-972)
『拾遺集』恋五・九五〇

No one comes to my mind who’d miss me out of sight.
Nights of lonely sorrow… enough to choke me in sighs.

私のこの身は、虚しく果ててしまうに違いありません。
そうして死んでしまった私のことを
「あぁ、可哀想に」と同情してくれる人も
思い浮かばぬままに、
人に想われぬ寂しい我が身を持て余して、
私はきっと死んでしまうことでしょう。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→