百一052)あけぬれば くるるものとは しりながら なほうらめしき あさぼらけかな


明けぬれば 暮るるものとは
  知りながら
    なほ恨めしき 朝ぼらけかな

藤原道信(ふぢはらのみちのぶ)
aka.藤原道信朝臣(ふぢはらのみちのぶあそん)
男性(972-994)
『後拾遺集』恋二・六七二

It’s a long day that has no night;
A night never falls without a daybreak.
Still, my heart breaks at the start of a day,
Which, invariably, is the end of the night
When we have to leave for daily lives apart.

夜が明ければまた日が暮れる、それが自然の成り行きというもの。
そうしてまた夜になれば、愛しいあなたに逢えるのだから、
愛し合った素晴らしい夜が、夜明けと共に終わるのを、
そうまで恨むこともない・・・
とは、頭ではわかっているけれど、でもやっぱり恨めしい、
束の間でもあなたと別れねばならぬ「衣衣の朝」というやつは。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→