百一054)わすれじの ゆくすゑまでは かたければ けふをかぎりの いのちともがな


忘れじの 行く末までは
  かたければ
    今日を限りの 命ともがな

高内侍(かうのないし)
aka.儀同三司母(ぎどうさんしのはは)
女性(?-996)
『新古今集』恋三・一一四九

I wish you’d never forget your words “Never would I forget you.”
Who am I to ask for better days than today you love me so much?
Would that my life, on this happiest day, came to a close so close to you.

「死ぬまでずっと君を想う」
と、あなたは今、そう言ってくれるけれど、
人の想いは変わるもの・・・
あなたに想われる我が身の幸せは、
遠い将来までは続かないでしょうから、
幸福の絶頂にある今日のうちに、
私の生命が終わってしまえばいいのに。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→