百一055)たきのおとは たえてひさしく なりぬれど なこそながれて なほきこえけれ


滝の音は 絶えて久しく
  なりぬれど
    名こそ流れて なほ聞こえけれ

藤原公任(ふぢはらのきんたふ)
aka.大納言公任(だいなごんきんたふ)
男性(966-1041)
『拾遺集』雑上・一〇三五

Long gone is the roaring flow of legendary Daikakuji’s waterfall.
Louder still is the remnant fame of its ever-lingering echoes.

京都大覚寺の滝は、今はもう水も涸れ、流れ落ちる音も
聞こえなくなって久しいけれど、
名瀑としての評判だけは今なお涸れずに、
広く世に流れていることであるよ。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→