百一061)いにしへの ならのみやこの やへざくら けふここのへに にほひぬるかな


いにしへの 奈良の都の
  八重桜
    けふ九重に にほひぬるかな

伊勢大輔(いせのたいふ)
女性(c.989-c.1060)
『詞花集』春・二九

Many years ago in the ancient capital of Nara,
Cherry blossoms thrived in eight-layered petals.
Today in the Palace with its nine royal portals,
Cherish them we do in this noble spring gala.

かつての都の奈良に咲いた八重桜が、
今日はこの九重の門に囲まれた
京の都の宮城に、
艶やかな色で咲き誇っていることですねえ。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→