百一066)もろともに あはれとおもへ やまざくら はなよりほかに しるひともなし


もろともに あはれと思へ
  山桜
    花よりほかに 知る人もなし

行尊(ぎゃうそん)
aka.前大僧正行尊(さきのだいそうじゃうぎゃうそん)
男性(1055-1135)
『金葉集』雑上・五二一

Let’s be mutually compassionate, cherry blossom in the mountains.
No one but ourselves know our true colors.

人里離れた山奥に、人知れず咲く桜の花を、
こうして独り愛でている、
私にもまた友はない・・・
わかってもらえる人もない一人孤独な境涯を、
「あぁ、哀しいね」と慰め合おうか、
人に知られぬ山桜よ。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→