百一069)あらしふく みむろのやまの もみぢばは たつたのかはの にしきなりけり


嵐吹く 三室の山の
  もみぢ葉は
    竜田の川の 錦なりけり

能因法師(のういんほふし)
男性(988-c.1058)
『後拾遺集』秋下・三六六

As the wind blows around the autumn Mimuro mountain,
Leaves off the trees will colorfully paint the Tatsuta River.

三室山に嵐が吹いて、
山の紅葉を散らしたら、
麓に流れる竜田川の水面は、
びっしり浮かんだ紅葉の彩りで、
錦織のような美しさとなるのだなあ。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→