百一076)わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの くもゐにまがふ おきつしらなみ


わたの原 漕ぎ出でてみれば
  ひさかたの
    雲ゐにまがふ 沖つ白波

藤原忠通(ふぢはらのただみち)
aka.前関白太政大臣法性寺入道(さきのかんぱくだいじゃうだいじんほっしゃうにふだう)
男性(1097-1164)
『詞花集』雑下・三八二

Rowing out into the Ocean,
Looking ahead so far and deep,
Skies greet Seas with waves of clouds
Or clouds of waves so closely white.

大海原に舟を漕ぎ出し、遙か彼方を眺めて見れば、
空の向こうに漂う雲と、見紛うばかりの白い波が、
海の果てには踊っているよ。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→