百一093)よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ あまのをぶねの つなでかなしも


世の中は 常にもがもな
  渚こぐ
    あまの小舟の 綱手かなしも

源実朝(みなもとのさねとも)
aka.鎌倉右大臣(かまくらうだいじん)
男性(1192-1219)
『新勅撰集』羈旅・五二五

I wish the world never changed the way it is now,
Gently waving as the net drawn by a fisher’s humble boat.

世の中は、いつまでも変わらずに
このままであってほしいものだなあ。
波打ち際を漕ぎ行く小さな引き船から伸びた、
他船を引っ張る引き綱の光景の、
なんともしみじみ切ないことよ。

一首 前へ←  『小倉百人一首』  →一首 後へ
・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→
★この和歌を自分の「Twitter(ツィッター)」アカウント上で紹介→