伊勢物語001)初冠

伊勢物語001)初冠
 昔、男、初冠して、奈良の京、春日の里に、しるよしして、狩にいにけり。その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。この男、かいま見てけり。思ほえず、ふるさとに、いとはしたなくてありければ、心地まどひにけり。男の着たりける狩衣の裾を切りて、歌を書きてやる。その男、しのぶずりの狩衣をなむ着たりける。
  春日野の若むらさきのすりごろもしのぶの乱れ限り知られず  
となむおひつきて言ひやりける。ついでおもしろきことともや思ひけむ、
  陸奥のしのぶもぢずりたれゆゑに乱れそめにしわれならなくに  
といふ歌の心ばへなり。昔人は、かくいちはやきみやびをなむしける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語001)初冠
 その昔、ある男が(一人前の男性として認められる儀式を済ましたばかりの「少年」と言ってよいぐらいの年齢の男子だが)、奈良の春日という田舎町に、彼の家門の領有する荘園がある関係で、狩猟に出掛けたのだった。
その田舎町に、若々しい美しさの輝くばかりの姉妹が住んでいた。
その若き美女たちを、例の男が、彼女らの家の垣根越しにちらと見てしまった。
それは意外な情景で、今は京都に首都を譲った古都の奈良の辺鄙な田舎にはひどく場違いに思えるほど、例の姉妹は鄙には稀なる美しさだったので、男はいつになく変な気分になってしまった。
男は、狩猟用に身に付けていた狩衣の裾を切り取り、そこに和歌を書いてこの姉妹の元へと贈ることにした。
例の男は、乱れ模様を特徴とする「(東北地方特産の)信夫摺り」の狩衣を着ていたのだった。
  春日の野に咲く若紫の花で染めた「信夫摺りの衣」、ではないけれど、私の心のとめどなく乱れ騒ぐことといったらもう・・・これもあなたたちの美しい姿を見てしまったからこそなのです  
と、男が見ているのに気付いて家の奥へ隠れようとした姉妹が見えなくなってしまう前に、使いの者を通じて彼女らを呼び止め、自分の歌を読み聞かせたのだった。
男がこんな歌を詠んだのは、次の歌にも通じるものがあって場面的にしっくりくる趣があると思ったからであろうか、
  東北地方に伝わる信夫摺りの衣は、乱れ模様を特徴とするものですが、まるでその千々に乱れた衣のように、私達の恋模様もこの頃ひどく乱れ気味・・・誰のせいでなのしょうね、これは・・・私のせいではないはずなんだけど  
という和歌の趣旨を踏まえた歌である。
昔の人は、風雅を嗜むにも、こういう熱烈なやり方をしたものなのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========