伊勢物語002)西の京の女

伊勢物語002)西の京の女
 昔、男ありけり。奈良の京ははなれ、この京は人の家まださだまらざりける時に、西の京に女ありけり。その女、世人にはまされりけり。その人、かたちよりは心なむまさりたりける。ひとりのみもあらざりけらし。それをかのまめ男、うち物語らひて、かへりきて、いかが思ひけむ、時はやよひのついたち、雨そほふるにやりける。
  起きもせず寝もせで夜を明かしては春のものとてながめ暮らしつ  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語002)西の京の女
 その昔、一人の男がいた。
奈良は首都でなくなり、新しい都の京都にはまだ今のように誰々の家がどこそこにあってと確定してもいない時分の話であるが、朱雀大路の西の方に、女が一人暮らしていた。
世間並みの女性の器量よりは上の女であった。
が、彼女は、外見上の美しさよりも心と頭の働きの方が優っている女性であった。
どうやら彼女、独り身というわけでもないらしく、誰か男が折々訪ねてくるらしい気配もあった。
そんなこの女を、例の色恋に熱心な男(在原業平)が訪ねて行き、とりとめもない雑談など(だけ)して、自分の家に帰って来たのだが、何を思ったか(時節は陰暦の三月初め)そぼ降る雨の中を、使いを走らせて例の女のもとに次のような歌を届けさせたのだった。
  外は「長雨」・・・ながめ・・・私の気持ちは「眺め」=とりとめもない想念を持て余してはぼんやりと、寝床から起きるでもなく、さりとて寝るともなく(そう、貴女との共寝も、しませんでしたね~)、夜を明かしては物思いに暮れる毎日です。春だから、こういうのも仕方ないか、「長雨」と「眺め」は季節の風物詩、なぁ~んてね、そんな感じの所在なさで過ごしている私です(から、出来ればあなたに慰めてほしいのだけれど・・・)  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる:

==========