伊勢物語004)月やあらぬ

伊勢物語004)月やあらぬ
 昔、東の五条に、大后の宮おはしましける、西の対に、住む人ありけり。それを、本意にはあらで、心ざし深かりける人、行き訪ひけるを、睦月の十日ばかりのほどに、ほかに隠れにけり。ありどころは聞けど、人の行き通ふべき所にもあらざりければ、なほ憂しと思ひつつなむありける。
 またの年の睦月に、梅の花盛りに、去年を恋ひて行きて、立ちて見、ゐて見、見れど、去年に似るべくもあらず。うち泣きて、あばらなる板敷に月の傾くまで臥せりて、去年を思ひ出でてよめる。
  月やあらぬ春やむかしの春ならぬわが身ひとつはもとの身にして  
とよみて、夜のほのぼのと明くるに、泣く泣く帰りにけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語004)月やあらぬ
 その昔、京都の東の五条の地、大后の宮が住んでいらっしゃる御殿の西側の建物に、一人の女性が住んでいた。
そんな彼女のもとを、未だ想いを遂げられないままに、深く慕い続けていた男が通っては会いを繰り返していたのだが、陰暦正月の十日頃に、この女性は他の場所へ消えてしまったのだった。
男は、この女性が今いる場所は聞いたのだけれど、女性を訪ねて人が通うことの出来る場所でもなかったので、相変わらず恋慕の情を抱えつつ憂鬱な日々を送っていたのであった。
 その翌年の陰暦正月、梅の花が満開の頃に、一年前のことを恋しく思い出して例の場所に行き、立って見、座って見、あれこれその場を眺めては見たのだけれど、彼女がそこに存在した一年前とはとても同じ場所とも思われぬ寒々しい風情なのだった。
男は、どっと泣き出して、荒れ果てて所々に隙間の目立つ縁側に一人横になり、空に輝く月が地平線近くに傾く頃、去年を思い出してこんな歌を詠んだのだった。
  もう空にはあの頃のように輝く月もないのか。春も昔のままの春ではないのか。私だけは一人、昔のままの身、変わらぬ想いを抱えて、この場所にこうしているというのに  
と詠んで、夜が東の空からほの赤く明ける頃、泣きながら自分の家へと帰って行ったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========