伊勢物語005)関守

伊勢物語005)関守
 昔、男ありけり。東の五条わたりに、いと忍びて行きけり。みそかなる所なれば、門よりもえ入らで、童べの踏みあけたるついひぢの崩れより通ひけり。人しげくもあらねど、たび重なりければ、あるじ聞きつけて、その通ひ路に、夜ごとに人を据ゑて守らせければ、行けどもえ逢はで帰りけり。さて、よめる。
  人しれぬわが通ひ路の関守はよひよひごとにうちも寝ななむ  
とよめりければ、いといたう心病みけり。あるじ許してけり。
 二条の后に忍びて参りけるを、世のきこえありければ、兄たちの守らせたまひけるとぞ。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語005)関守
 その昔、一人の男がいた。
朱雀大路の東、五条のあたりに、この男は慎重に人目を忍んで行くのだった。
人目を忍ぶ場所なので、正面の門から入ることすらも出来ず、土塀の一部が崩れた箇所をちびっ子たちが踏ん付けて通路が出来ている所から、この男は通っていたのであった。
警護の者の数が多いわけでもない場所だったのだが、この男がそうして通う回数が度重なったため、その家の主人が事情を聞き付けて、例の通路には毎夜番人を置いて警護させたため、男は、その家に行ってもお目当ての人には会うこともできずに帰ったのだった。
そんな状況下で男が詠んだ歌がこれである。
  人知れず私があなたの元に通う通路・・・だったはずの場所を固める関所の番人は、毎夜毎夜居眠りしてくれたらいいのになぁ  
と、こんな歌を詠んだので、例の女性はひどい気鬱の病にかかってしまった。
(女のそんな有様を見て)家の主人は(例の男との逢瀬を)許したのであった。
 二条の后の元に例の男が人目を忍んで参上していたところ、世間に噂が立ってしまったので、彼女の兄たちが番人を置いて警護の手配をなさったのだ、との話である。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========