伊勢物語006)芥川

伊勢物語006)芥川
 昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを、年を経て呼ばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。芥川といふ川を率て行きければ、草の上に置きたりける露を、「かれは何ぞ」となむ男に問ひける。行く先多く、夜もふけにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、女をば奥に押し入れて、男、弓、やなぐひを負ひて戸口にをり。はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼、はや一口に食ひてけり。「あなや」と言ひけれど、神鳴る騒ぎに、え聞かざりけり。やうやう夜も明けゆくに、見れば率て来し女もなし。足ずりをして泣けども、かひなし。
  白玉か何ぞと人の問ひしときつゆと答へて消えなましものを  
 これは、二条の后の、いとこの女御の御もとに、仕うまつるやうにてゐ給ひけるを、かたちのいとめでたくおはしましければ、盗みて負ひていでたりけるを、御兄堀川の大臣、太郎国経の大納言、まだ下臈にて内裏に参り給ふに、いみじう泣く人のあるを聞きつけて、とどめてとりかへし給うてけり。それを、かく鬼とはいふなりけり。まだいと若うて、后のただにおはしましける時とや。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語006)芥川
 その昔、男が一人いた。
到底我がものに出来るはずもない女性なのだが、数年来通っては求愛し続けていた相手を、どうにかしてこっそりと彼女の家の外へ連れ出しては、ひどく暗くなってから出て来たのだった。
男は、芥川という名の川沿いに女を引き連れて行ったのだが、草葉の上に降りていた夜露の光を見て彼女は「あれはなぁに?」と男に質問した。
行かねばならぬ道のりは長く、夜も更けてしまったので、鬼が住む場所だとも知らずに(雷さえひどく鳴り響き、雨も土砂降りだったので)、荒れ果てた土蔵の奥へと女を押し込めて、この男はその入口に弓と矢入れを背負ってじっと座っていた。
早く夜明けになってほしいものだ、と思いながらそうしていた男だったが、土蔵に住む鬼は既にもう例の女を一口でパクリと喰ってしまっていた。
女は「あぁっ」と声を上げたのだが、雷鳴の騒音の中で、男には聞こえなかったのである。
だんだんと夜も明けて行く頃に、男が土蔵の中を見てみると、連れてきた女はいなかった。
男は地団駄踏んで泣いたけれど、もはやどうにもならなかった。
  こんなふうに彼女が消えてしまうよりはむしろ、「あれは白玉なの、何なの?」とあの人が聞いた時、「露」と答えて私が夜露の如く消えてしまっていたほうがよかったのに  
 この話は、二条の后が、従姉妹の女御(天皇の奥様のうち皇后・中宮に次いで偉い立場の女性)の元に、御奉公に出るような形で同居なさっていたのを、彼女の容貌がたいへん素晴らしかったので、男がこっそり背負って外に連れ出したのを、兄上である(後の)堀川の大臣と、長男である(後の)国経の大納言が、まだ下級貴族として宮中に参上していた時、ひどく泣く人がいるのを聞き付けてこれを捕らえ、取り返した時のものであった。
この状況を、上の物語ではこのように「鬼」と言ったわけである。
二条の后がまだ大変お若くて、皇族ならざる一般人でいらっしゃった頃の物語、ということである。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========