伊勢物語009)東下り

伊勢物語009)東下り
 昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、あづまの方に住むべき国求めにとてゆきけり。もとより友とする人、ひとりふたりしていきけり。道知れる人もなくて、まどひいきけり。三河の国、八橋といふ所に至りぬ。そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ八橋といひける。その沢のほとりの木の陰におりゐて、乾飯食ひけり。その沢にかきつばたいとおもしろく咲きたり。それを見て、ある人のいはく、「かきつばたといふ五文字を句の上にすゑて、旅の心をよめ」と言ひければ、よめる。
  唐衣きつつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ  
とよめりければ、みな人、乾飯の上に涙落として、ほとびにけり。
 ゆきゆきて、駿河の国に至りぬ。宇津の山に至りて、わが入らむとする道は、いと暗う細きに、つた、かへでは茂り、もの心細く、すずろなるめを見ることと思ふに、修行者あひたり。「かかる道は、いかでかいまする」と言ふを見れば、見し人なりけり。京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。
  駿河なる宇津の山べのうつつにも夢にも人にあはぬなりけり  
 富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白う降れり。
  時知らぬ山は富士の嶺いつとてか鹿の子まだらに雪の降るらむ  
 その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ねあげたらむほどして、なりは塩尻のやうになむありける。
 なほゆきゆきて、武蔵の国と下つ総の国との中に、いと大きなる河あり。それをすみだ河といふ。その河のほとりに群れゐて思ひやれば、限りなく遠くも来にけるかな、とわびあへるに、渡守、「はや舟に乗れ、日も暮れぬ」と言ふに、乗りて渡らむとするに、みな人ものわびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。さるをりしも、白き鳥の嘴と脚と赤き、しぎの大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ。京には見えぬ鳥なれば、みな人見知らず。渡守に問ひければ、「これなむ都鳥」と言ふを聞きて、
  名にし負はばいざこと問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと  
とよめりければ、舟こぞりて泣きにけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語009)東下り
 その昔、男が一人いた。
その男は、我が身を役立たずと思い込んでしまい、京都に身を置くのはよそう、東の方に住むべき国を探そう、ということで都落ちして行ったのである。
彼は、古くからの友人一人・二人を伴って行ったのだった。
道順を知る人もなかったので、彼らは迷いながら旅して行った。
彼らは、三河の国の八橋という場所に辿り着いた。
その地を八橋と呼んだのは、下流へと流れ行く川が蜘蛛の手のように八方に広がる場所なので、橋を八つ渡してあることに因んで「八橋」というわけだった。
その湿地帯のあたりの木陰に彼らは乗り物から降りて座り、携帯用乾燥食糧を食べたのだった。
その湿地にカキツバタの花が実に趣深い感じで咲いていた。
その様子を見て、ある人が「か・き・つ・ば・た、という五文字をそれぞれの句の先頭に置いて、旅する心境を歌に詠んでごらん」と言ったので、男は次のように詠んだのだった。
  絢爛豪華な中国衣裳、それを着るのが当たり前、そばに居るのも当たり前・・・そうまで慣れ親しんだ妻がありながら、彼女を都に一人残して、遙々来てしまったこの旅の、寂しい長さをつくづく思う・・・恋しい彼女をしみじみ思う  
と詠んだところ、その場に居た人々の全員が乾飯の上に涙を落としたので、乾いた御飯も水分でふやけてしまった。
 更に道中は進み、彼らは駿河の国に到着した。
宇津の山に辿り着いた彼らは、自分達が入ろうとする道はひどく暗い細道で、蔦や楓が生い茂っている、何とも心細いなぁ、思いも寄らぬひどい目に遭ったものだなぁ、と思っていたところに、巡礼の旅をする者に出会った。
「こんな道中に、あなたがいらっしゃるのはどうしたわけですか?」と言うのを見ると、以前に出会ったことのある人なのだった。
その人物の身許へ、ということで、京都に送る手紙を書いて託した。
  駿河の国の宇津の山の麓で、思わぬ修行者には出会えても、都に残した愛しい人には、現実はおろか夢の中でさえも、会えないのだよなぁ  
 富士山を見れば、陰暦五月の末なのに、雪が真っ白く降っていた。
  四季の季節も関係ない山だね富士山は。あの山頂を鹿の子模様にまだらに染める雪は、一体いつ降るものなのだろうか  
 その富士山という山は、ここ京都の山に例えれば、比叡山を二十個ほども重ねたならこんなになるだろうか、というほどの巨大さで、その形は塩尻のようであった。
 さらに彼らの道中は進んで、武蔵の国と下総の国の間に、とても大きな川がある。
その川の名を隅田川という。
その川のほとりにみんな一緒に座って思いを馳せてみれば、この上なく遠くへ来てしまったものだなぁ、と心細い思いをみなそれぞれに抱えていたところ、川の渡し船の船頭が「早く船に乗れ、日が暮れてしまう」と言うので、一行は船に乗って川を渡ろうとしたのだが、乗り合わせた人々はみな気落ちした様子で、京都に残してきた愛しい人が、それぞれいないわけでもない。
そんな折も折、白い胴体でくちばしと脚が赤い鳥で、大きさは鴫ほどのやつが、水上を浮遊しながら魚を食べている。
京都では見られない鳥なので、船上に居合わせた人の中にはこの鳥を見知った者は誰もいない。
船の船頭に聞いたところ、「これは、都鳥」と言うのを聞いて、
  おまえが「都鳥」というその名に相応しい鳥ならば、さぁ、聞かせておくれ、都に残した私の愛しい人の消息を。元気で生きているのだろうか、それとももうこの世にいないのだろうか  
と詠んだので、船上の人々はみな一斉に泣いたのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========