伊勢物語010)たのむの雁

伊勢物語010)たのむの雁
 昔、男、武蔵の国までまどひありきけり。さて、その国にある女をよばひけり。父はこと人にあはせむといひけるを、母なむあてなる人に心つけたりける。父はなほ人にて、母なむ藤原なりける。さてなむあてなる人にと思ひける。このむこがねによみおこせたりける。すむ所なむ入間の郡、みよし野の里なりける。
  みよし野のたのむの雁もひたぶるに君がかたにぞよると鳴くなる  
むこがね、返し、
  わが方によると鳴くなるみよし野のたのむの雁をいつか忘れむ  
となむ。人の国にても、なほかかることなむやまざりける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語010)たのむの雁
 その昔、一人の男が、武蔵の国まで当てもなくさまよい歩いて行った。
そうして、その男は、その地にいる女を何度も訪ねては求愛していたのだった。
彼女の父親は、この娘を、他の男と結婚させようと言っていたのだが、母親の方は、身分の高いこの男が気に入っていたのだった。
父親は平凡な家柄の人で、母親は藤原氏の出身であった。
そういう事情があったので、母親は、高い身分の男性と娘を結婚させようと思ったのである。
このお婿さん候補の男に、母親は、歌を詠んで送った。
この一家が住む場所は、入間郡、美吉野の里であった。
  みよしのの里の潟に身を置く「たのも(田の面=頼も)のカリ」の鳴き声じゃないけれど、私どもの想いは、あなたの方へと傾いております  
この歌を受けての、お婿さん候補の返歌は、
  私の方へ気持ちが傾いている、と鳴いているとかいうみよしのの里の「たのものカリ=私を頼みにしているというあなたがた母娘の想い」を、この私がどうして忘れたりするでしょうか、決して忘れるつもりはありません  
というものだった。
京都を離れて向かったよその国だというのに、そうした土地でも相変わらず、この男(在原業平)のこうした振る舞いは、なくなることはなかったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========