伊勢物語011)空ゆく月

伊勢物語011)空ゆく月
 昔、男、あづまへゆきけるに、友だちどもに、道よりいひおこせける。
  忘るなよほどは雲居になりぬとも空ゆく月のめぐりあふまで  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語011)空ゆく月
 その昔、一人の男が東国へ行った時に、京都に残した友人たちに、道中から手紙で送ってよこした歌が、これ。
  私のことを忘れてくれるなよ、雲の彼方のように遥かな距離を隔てたとしても、空の月も月日が経てば巡り会えるように、私たちが再び巡り会えるその日まで  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========