伊勢物語012)武蔵野

伊勢物語012)武蔵野
 昔、男ありけり。人の娘を盗みて、武蔵野へ率て行くほどに、盗人なりければ、国の守にからめられにけり。女をば草むらの中に置きて、逃げにけり。道来る人、「この野は盗人あなり」とて、火つけなむとす。女わびて、
  武蔵野は今日はな焼きそ若草のつまもこもれりわれもこもれり  
とよみけるを聞きて、女をばとりて、ともに率て往にけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語012)武蔵野
 その昔、一人の男がいた。
ある人の娘をこっそりと連れ出して、武蔵野へ連れて行く際に、この男は盗人だったので、国守に捕縛されてしまった。
連れ出した女を草むらの中に置き去りにして、男は逃げたのだった。
その逃走経路を追って来た人が、「この野原には盗人がいるらしい」と言って、草むらに火をつけようとした。
すると、草むらに置き去りにされた女は困り果てて、
  武蔵野の草むらを焼き払うのは、今日は勘弁してくださいね、愛する人ともどもこの私がひっそり若草の陰に身を隠しているところなのですから  
と詠んだのを聞いて、追跡者は、この女を捕らえて、捕らえた男ともども連行したのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========