伊勢物語013)武蔵鐙

伊勢物語013)武蔵鐙
 昔、武蔵なる男、京なる女のもとに、「聞こゆれば恥づかし、聞こえねば苦し」と書きて、うはがきに、「むさしあぶみ」と書きて、おこせてのち、音もせずなりにければ、京より、女、
  武蔵鐙さすがにかけて頼むにはとはぬもつらしとふもうるさし  
とあるを見てなむ、たへがたき心地しける。
  とへばいふとはねば恨む武蔵鐙かかるをりにや人は死ぬらむ  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語013)武蔵鐙
 その昔、武蔵の国に身を置く男が、京都に居る女のもとに、「こんな東国に身を落とした我が身の噂を、あなたが知ったら私としては恥ずかしいし、あなたに知ってもらえないのも私にはまた辛い」と手紙を書いて、その書状の表の外題を書く部分に「むさしあぶみ」と書いて女のもとに送ったのだが、その後、この男と女の間は音信不通になってしまったので、京都から女は次のような歌を送ってきた。
  「武蔵鐙」などと書いて遥かな東国から私に文を送ってよこしたあなたは、私を忘れてはいないようですけど、そうは言っても、遠すぎるあなたに頼みをかけてお慕いするには、厳しい状況ですね。音信不通では薄情だし、消息を問うのもわざとらしいし・・・どちらにせよ、微妙な関係ですね、私たち  
と書いてあるのを見て、男はたまらない気持ちになった。
  消息を問えば返答はある、音信不通なら恨めしく思う、遥かな東国との間を文通だけでかすかにつながるあなたと私の関係は、生殺しみたいなもの・・・こんなどっちつかずの苦しさの中で、人は、ひどく弱って死んでしまうものなのでしょうか  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========