伊勢物語014)あねはの松

伊勢物語014)あねはの松
 昔、男、陸奥の国にすずろにゆきいたりにけり。そこなる女、京の人はめづらかにやおぼえけむ、せちに思へる心なむありける。さて、かの女、
  なかなかに恋に死なずは桑子にぞなるべかりける玉の緒ばかり  
歌さへぞひなびたりける。さすがにあはれとや思ひけむ、いきて寝にけり。夜深くいでにければ、女、
  夜も明けばきつにはめなでくたかけのまだきに鳴きてせなをやりつる  
といへるに、男、京へなむまかるとて、
  栗原のあねはの松の人ならばみやこのつとにいざといはましを  
といへりければ、よろこぼひて、「思ひけらし」とぞいひをりける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語014)あねはの松
 その昔、一人の男が、当てもなくさまよい歩いて東北地方へ辿り着いた。
その地にいた女が、京都の人間を物珍しく感じたせいであろうか、この男を切実に慕う気持ちを抱いたのだった。
そうして女は、こんな歌を詠んだ。
  あなたのことが恋しくて恋しくて、私、もう死にそうです。それでも死にきれずにこうしていつまでも悶々としているくらいなら、いっそ私は繭玉の中にくすぶる蚕さんになってしまいたい。この身は生身の女のままで、私の命の玉の緒だけ、哀れな蚕に化けた私の魂を閉じ込めた繭玉になってしまいましょう  
東国の女だけに、和歌までもが田舎びていた。
鄙びた歌は興醒めながら、それでもやはり男は同情心を抱いたのであろうか、女の部屋を訪れて共寝したのだった。
男は夜更けにはもう女の部屋を立ち去ってしまったが、女は、
  夜が明けたら、あの鶏め、水槽の中に投げ込んで溺死させてやるわ。だって、まだ深夜のうちに鳴いたあの鳥の声のせいで、愛しいあの男はもう朝が来たと思い込んで立ち去ることになったのだもの  
と歌を詠んだ。これに対し、男は、京都へ帰るから、と言って、
  東北地方の栗原の有名な姉歯の松、じゃないけれど、「待つ」望みをかけてもよい男だと思ってくれたなら、「つとに」(=朝も早くに)退散して京都へ帰る私には「さぁ、いってらっしゃい」と言ってくれればよいものを、「あなた帰るの早すぎ!急き立てたあのニワトリのやつ、ぶっ殺す!」とは、穏やかじゃありませんねぇ・・・ま、都に持ち帰る「つと」(=土産話)としては、田舎女らしいこんな逸話も悪くはないけれど  
と言ったところ、女は大喜びして、「やっぱりあの男、間違いなく、私に惚れ込んでたのよ」と他人に言いふらしてまわっていた。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========