伊勢物語016)紀有常

伊勢物語016)紀有常
 昔、紀有常といふ人ありけり。三代の帝に仕うまつりて、時にあひけれど、のちは、世かはり時うつりにければ、世の常の人のごとにもあらず。人がらは、心うつくしく、あてはかなることを好みて、こと人にも似ず。貧しく経ても、なほ、むかしよかりし時の心ながら、世の常のことも知らず。年ごろあひ馴れたる妻、やうやう床離れてつひに尼になりて、姉のさきだちてなりたる所へゆくを、男、まことにむつましきことこそなかりけれ、今はとゆくをいとあはれと思ひけれど、貧しければ、するわざもなかりけり。思ひわびて、ねむごろにあひ語らひける友だちのもとに、「かうかう、いまはとてまかるを、何事もいささかなることもえせで、つかはすこと」と書きて、奥に、
  手を折りてあひ見しことを数ふれば十といひつつ四つは経にけり  
かの友だち、これを見て、いとあはれと思ひて、夜の物までおくりて、よめる。
  年だにも十とて四つは経にけるをいくたび君をたのみ来ぬらむ  
かくいひやりたりければ、
  これやこのあまの羽衣むべしこそ君がみけしとたてまつりけれ  
よろこびにたへで、また、
  秋や来るつゆやまがふと思ふまであるは涙のふるにぞありける  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語016)紀有常
 その昔、紀有常という人物がいた。
三代の天皇にお仕えし、時勢に乗って出世したこともあるけれど、後に天皇の治世も変わり、有常の盛時も過ぎ去ってしまったので、世間並みの人の暮らしさえ満足に出来ぬ有様であった。
有常の人柄は、心が美しくて、優雅なことを好み、他の人々とは似ても似付かない。
貧乏暮らしが長くても、相変わらず昔の盛時の心を失わなかったが、世間並みの暮らしすらもままならない。
長年親しく連れ添った妻は、次第に夜の夫婦生活もまばらになって、とうとう出家して尼になり、姉が先んじて尼となっていた場所へ行くことになった時、夫の有常は、真に親密な男と女の関係こそなかったとはいえ、もはやこれまでさようなら、ということで別れ行くのをとてもしみじみ寂しく思ったのだけれど、貧乏だったので、特別何をしてあげるということもないのだった。
心苦しく思った有常は、お互い親交の深かった友人のもとに手紙を送り、「かくかくしかじかの事情で、今生の別れとして去り行く妻を、何一つ大して儀式めいたこともせずに尼寺へやることの、切なさといったら・・・」と書いて、手紙の奥には次の歌を書き添えたのだった。
  指折り数えて振り返れば、妻と連れ添い続けた年月は、一、二、三、四・・・十を四回繰り返すほども経っていましたよ  
例の友人は、この手紙を見、大いに同情して、夜具まで送った上で、こんな歌を詠んだのだった。
  年月だけ数えても四十年は経た長い付き合いなのですから、そんなあなたの奥様は、その間、どれほど数多くあなたのことを頼りとして来たことでしょうか  
こう書いて送ったところ、有常はこんな歌を詠んだ。
  あぁ、なるほど、これがあの有名な「天の羽衣」というものでしょうか、きっと、あなたが御装束としてお召しになっていた素晴らしい夜具だったのでしょうね  
有常はさらに、感極まって次の歌も詠んだ。
  もう秋がやって来たのか、と思うほどに、露が点在する私の袖口をよくよく見れば、それは草葉に置く夜露ではなくて、あなたの友情にむせぶ私の感涙の粒だったのでした  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========