伊勢物語017)年にまれなる人

伊勢物語017)年にまれなる人
 年ごろおとづれざりける人の、桜のさかりに見に来たりければ、あるじ、
  あだなりと名にこそ立てれ桜花年にまれなる人も待ちけり  
返し、
  今日来ずは明日は雪とぞ降りなまし消えずはありとも花と見ましや  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語017)年にまれなる人
 数年来訪問もせずにいた人が、桜の花盛りに花見に来たので、その家の主人はこんな歌を詠んだ。
  桜の花は気紛れだ、咲いたと思ったらすぐさよならしてしまうから、何とも当てにならないものだ、などと世間では言われているけれど、そんな浮気な桜花のことを、へぇ、待っていたんですねぇ、何年も私のもとを訪れてもくれなかった、桜花以上の浮気者のあなたでさえも  
この歌への返歌は次のようなものだった。
  今日私がこうして花見に来なかったならば、この桜花は、明日はまるで雪のように降り敷いてしまうでしょうよ。樹上にもはや花びらはなく、宙を舞う桜吹雪や、地上に散り敷く薄桃色の絨毯となってしまった後では、たとえ消えずに残っていても、それは所詮、雪。もはや花として見ることなど、ありえないでしょうよ  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========