伊勢物語018)なま心ある女

伊勢物語018)なま心ある女
 昔、なま心ある女ありけり。男近うありけり。女、歌よむ人なりければ、心みむとて、菊の花のうつろへるを折りて、男のもとへやる。
  くれなゐににほふはいづらしら雪のえだもとををに降るかとも見ゆ  
男、しらずよみによみける。
  くれなゐににほふが上の白菊は折りける人の袖かとも見ゆ  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語018)なま心ある女
 その昔、そこそこの風流心を持った女が一人いた。
女の近くには男が一人いた。
この女は、和歌を詠む人だったので、男の風流心を試してやろうと思って、花盛りを過ぎて色褪せてしまった菊花を手折って、男のもとへと、次の歌を添えて送ってやった。
  色鮮やかに咲き誇る真っ赤な花は、いったいどこにあるのかしら?どこにも見えないのは何故かしら?真っ白い雪が、枝もたわわにしなるほど降り積もって深紅の本当の色合いを純白の覆いで隠しているということかしら?あなたの心の色も、表面は白っぽいけど、その陰にはどんな色が宿っているのかしら?(もしかして、私を慕う情熱の赤?)  
この歌を受けて、男は、素知らぬ顔をして次の歌を詠んだ。
  鮮やかに赤い真の色の上を真っ白く覆い隠している白菊・・・とあなたはそう言っていましたが、真情を隠した白々しいその色、っていうのは、白菊を手折ったあなた自身の袖の色なんじゃないかな、みたいな気がしますね、この私に言わせれば(あなたの方こそ、私よりずっと素直じゃない感じに見えますよ)  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========