伊勢物語019)天雲のよそ

伊勢物語019)天雲のよそ
 昔、男、宮仕へしける女の方に、御達なりける人をあひ知りたりける、ほどもなく離れにけり。同じ所なれば、女の目には見ゆるものから、男は、あるものかとも思ひたらず。女、
  天雲のよそにも人のなりゆくかさすがにめには見ゆるものから  
とよめりければ、男、返し、
  天雲のよそにのみしてふることはわがゐる山のかぜはやみなり  
とよめりけるは、また男ある人となむいひける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語019)天雲のよそ
 その昔、一人の男が、宮中に出仕していた女のところに住んでいた上級の女官の一人と相思相愛の仲になったのだが、間もなく別れてしまった。
宮中という同じ勤務地にいる間柄なので、女の目にはこの別れた男が目に入るのだけれど、男の方では女が存在しているとさえも感じていなかった。
女は次のような歌を詠んだ。
  天空に浮かぶ雲の彼方のような疎遠な人に、あなたはなって行くのですね。そうは言っても私の目には、相変わらずあなたの姿は見えたままだというのに  
女がこんな歌を詠んだので、男は次のような返歌を詠んだ。
  天空の雲のように疎遠な関係で年月が経ってしまった理由は、ですね、雲としてはその山の上に覆いかぶさっていたかったのに、山にはしきりに風がびゅーびゅー吹き寄せて、雲を追い出してしまったからなのですよ  
と男が詠んだのは、自分以外にも別の男と愛人関係を持っていた女だろうあなたは、と言う意味なのであった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========