伊勢物語020)かへでの紅葉

伊勢物語020)かへでの紅葉
 昔、男、大和にある女を見て、よばひてあひにけり。さて、ほど経て、宮仕へする人なりければ、帰り来る道に、弥生ばかりに、かへでのもみぢのいとおもしろきを折りて、女のもとに、道よりいひやる。
  君がため手折れる枝は春ながらかくこそ秋のもみぢしにけれ  
とてやりたりければ、返りごとは、京に来着きてなむもて来たりける。
  いつのまにうつろふ色のつきぬらむ君が里には春なかるらし  
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語020)かへでの紅葉
 その昔、一人の男が、大和の国にいる女性を見て、幾度か求愛し、肉体関係を結ぶに至った。
そうして、しばらく経ってから、この男は宮中出仕者だったので、大和の国から京都への帰途につく時、陰暦三月の頃に、楓の紅葉のとても趣深い枝を手折って、例の女のもとへ、道中、歌を送ってやった。
  あなたのために手折った枝は、春だというのにこんなにも秋のように紅葉していましたよ  
という内容を送ってやったところ、女からの返歌は、男が京都に到着してからやって来た。
  いつの間に色が移ろってしまったのでしょうね、春だというのに秋の紅葉になってしまうなんて。あなたのお住まいになる京都には、春という季節はなくて、ただもう「秋」、大和の里にいる私のことにも既にもう「飽きた」ということなのでしょうね  

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========