伊勢物語021)忘れ草

伊勢物語021)忘れ草
 昔、男、女、いとかしこく思ひかはして、こと心なかりけり。さるを、いかなることかありけむ、いささかなることにつけて、世の中を憂しと思ひて、かかる歌なむよみて、物に書きつけける。
  出でていなば心かるしといひやせむ世のありさまを人は知らねば  
とよみ置きて、出でにけり。この女、かく書き置きたるを、けしう、心置くべきこともおぼえぬを、何によりてか、かからむと、いといたう泣きて、いづかたに求めゆかむと、門に出でて、と見かう見、見けれど、いづこをはかりともおぼえざりければ、かへり入りて、
  思ふかひなき世なりけり年月をあだに契りてわれやすまひし  
といひてながめをり。
  人はいさ思ひやすらむ玉かづら面影にのみいとど見えつつ  
 この女いと久しくありて、念じわびてにやありけむ、いひおこせたる。
  今はとて忘るる草のたねをだに人の心にまかせずもがな  
返し、
  忘れ草植うとだに聞くものならば思ひけりとは知りもしなまし  
またまた、ありしよりけにいひかはして、男、
  忘るらむと思ふ心のうたがひにありしよりけにものぞ悲しき  
返し、
  中ぞらにたちゐる雲のあともなく身のはかなくもなりにけるかな  
とはいひけれど、おのが世々になりにければ、うとくなりにけり。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語021)忘れ草
 その昔、ある男と女が、たいそう熱烈に愛し合って、浮気心を抱くこともなかった。
ところが、どういう事情があったのだろうか、ほんの些細な事情がきっかけで、女は、二人の仲を思うに任せぬ嫌なものと感じて、次のような歌を詠んで何かに書き記したのだった。
  私がこの家を出てしまえば、あなたと私の真の愛の姿を知らない世間の人々は「あの女にはその程度の軽い愛情しかなかったのだ」と言うのでしょうか  
と詠んだ歌を残して、女は家出してしまったのだった。
この女がこう書き残したのを見て、男は、わからない、心に深く執着するような何かがあるとも思われないのに、何が原因でこういうことになったのか、と、それはもうひどく泣いて、彼女を探すにもどこを訪ねて行けばよいのだろうと、門のところに出て、あちらこちらを見渡しては見たけれど、どこにもあてが思い浮かばなかったので、家の中に入って、
  いくら愛してもむなしい仲だったのだなぁ。夫婦の契りを交わして過ごしたあの年月を、私は無駄に送って来たということだろうか  
と言いながらぼんやり物思いにふけっていた。
  あの人が私のことを思い浮かべているかどうか、それは、まぁ、わからないのだけれど、目の前にいなくなってしまった今、逆に、その面影ばかりがくっきりと目に浮かぶ思いがする  
 この女は、かなり長い年月が経ってから、我慢しきれなくなったのだろうか、次のような歌を送ってよこした。
  今はもうこれまで、と気持ちを断ち切って忘れさせてくれるというワスレグサ、その種をあなたの心にまくような真似だけは、せめて、しないでほしい、時には自分を思い出してほしい、と願う私です  
この女の歌への男の返歌は、次のようなものだった。
  私への想いを忘れるためにあなたがワスレグサを植えた、という話だけでも私の耳に入って来たならば、あぁ、あの人は私への忘れ難い想いを抱えていてくれたのだなぁ、と知ることもできるのでしょうけど・・・全くの音信不通では、あなたの想いのほどを知る由もない私です  
更にまた、二人は以前よりも一層盛んに文通を交わすようになり、男はこんな歌を詠んだ。
  あの人が私を忘れてしまうのではないかとの疑念が心に浮かんでしまうばっかりに、昔よりもなお一層、もの悲しい思いにとらわれている私なのです  
これに対する女の返歌は、
  天空と地上の間、中途半端な場所に浮かぶ雲みたいに、跡形もなく消え去りそうな頼りない身の上に、私は、なってしまったものですねえ  
などと言ってはいたのだが、男も女もそれぞれが別々の生活を営むようになってしまったので、二人の仲も疎遠なものになってしまったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========