伊勢物語022)千代をひと夜に

伊勢物語022)千代をひと夜に
 昔、はかなくて絶えにける仲、なほや忘れざりけむ、女のもとより、
  憂きながら人をばえしも忘れかねかつ恨みつつなほぞ恋しき  
といへりければ、「さればよ」といひて、男、
  あひ見ては心ひとつをかはしまの水の流れて絶えじとぞ思ふ  
とはいひけれど、その夜いにけり。いにしへ、ゆくさきのことどもなどいひて、
  秋の夜の千夜をひと夜になずらへて八千夜し寝ばやあく時のあらむ  
返し、
  秋の夜の千夜をひと夜になせりともことば残りてとりや鳴きなむ  
いにしへよりもあはれにてなむ通ひける。
以下、アンチョコ現代語訳・・・作った人は→之人冗悟(Noto Jaugo) of http://fusaugatari.com/
現代日本語訳

伊勢物語022)千代をひと夜に
 その昔、空しく絶えてしまった恋人同士の仲を、今なお忘れていなかったということだろうか、別れた女の方から、
  辛い思い出だというのに、あなたをどうしても忘れることができず、恨めしく思う反面、今なお恋しい想いを抱えている私です  
と言ってきたので、「そうら、やっぱり思った通りだ」と言いながら、男の方は、
  相思相愛の二人なのだから、心が通じ合うのは当然のことです。もう身体を合わせることはないにせよ、お互いの心情だけは交わし合い、行く川の水の流れのように、これからも絶やすことなく文通などしたいと思う私です  
と言ってやったりしたけれど、やはり言葉だけでは物足りなかったか、歌を送ったその夜に、男は女のもとへ出向いて行ったのだった。
かつて二人で過ごした日々のことや、今後の二人の関係などについても話した上で、男はこんな歌を詠んだ。
  長い秋の夜千夜分をたった一晩に凝縮して、濃密に愛し合う夜を八千夜分あなたとの共寝に費やしたなら、ようやく飽きてもうお別れしても構わない、という気分になるのでしょうか・・・それぐらい、あなたと過ごすこの夜を、終わりにしたくない名残惜しさでいっぱいの私です  
女の返歌は次のようなものだった。
  たとえ秋の夜長を千夜分一晩に凝縮して愛し合っても、親しく交わし合う愛の言葉が響いている間に鶏の声が響いて、あっという間に朝になってしまうことでしょう  
こうして男は、以前よりもなお一層深い情愛で女のもとに通うことになったのだった。

現代語訳著作者=之人冗悟(のとじゃうご)・・・(C)2011http://fusaugatari.com/

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『伊勢物語』(アンチョコ現代語訳つき)を教えてあげる

==========